髪をいつでも清潔に【ドライシャンプー】

災害時は髪の毛なんて洗えない・・ドライシャンプーの利用を考えよう

病気やケガで入院した経験がある方は、ドライシャンプーを使ったことがあるかもしれません。
ドライシャンプーは洗い流す必要がないシャンプーなので、入院以外、介護の場面でも活躍しますし、登山やキャンプ、さらに災害時にも役立つグッズです。

何十年に一回の災害が起きている現代、災害の際に利用できる非常用グッズなどそろえているご家庭も多くなっています。
そこにドライシャンプーを一つ、入れておくといいでしょう。

ドライシャンプーってどんなもの?

一般的なシャンプーは頭皮を洗ってからシャワーで洗い流しますが、ドライシャンプーは洗い流す必要がありません。
水が必要ないため、お風呂に入ることができない入院の際、また災害の時などにも活躍します。

スポーツをしている人や、仕事で汗をかくことが多い人たちは、におい防止にドライシャンプーを利用している方がいます。
汗をかいて頭皮がにおうときドライシャンプーを利用すると、ドライシャンプーに含まれている汚れを除去する成分と、ニオイを抑制する成分が働き、すっきりした状態で過ごせるのです。
病気で長くお風呂に入れないと、頭皮がべたつきいらいらしますが、ドライシャンプーがあれば気持ちよく過ごせます。

ドライシャンプーにはどんな成分が含まれているのか

ドライシャンプーにも色々な種類があり、商品によって違いがあります。
シリコンや界面活性剤、アルコールなど色々な成分が含まれていますが、肌が弱い方や、アトピー肌の方などはアルコール系ではなく、天然成分系を選ぶ方がいいでしょう。

水で洗い流さないタイプなので、本当に洗浄されているの?と疑問を持つ方も少なくありません。
汚れ落ちが気になる方は、界面活性剤が含まれてるタイプを利用すれば安心です。
頭皮の汚れを落とし、頭皮環境をよくしてくれます。

ドライシャンプーはどう選ぶ?

普段利用しているシャンプーは泡タイプですが、同じようなものを利用したいなら泡タイプのドライシャンプーがおすすめです。
洗浄力もあり頭皮の汚れやニオイをきれいに除去してくれます。
頭皮が弱く、日々シャンプーすると頭皮が乾燥しトラブルが起きやすい方にも、泡タイプのドライシャンプーがいいでしょう。

スポーツの後など、日常的に利用したい場合は、持ち運びに便利なシートタイプがおすすめです。
ウェットティッシュのような形状なのでどこにでも持ち運べますし、使いやすく作られています。

また災害時にはパウダータイプがおすすめです。
ベビーパウダーのようにさらさらしているので、頭皮のべたつきを取り、使用後、サラサラの状態になります。
夏など皮脂分泌が過剰な季節にも適した商品です。

登山やキャンプなどに行く場合には、スプレータイプが便利に使えます。
スプレーするとミスト状になり、シートタイプのようにごみも出ないので便利です。
水分を含んだミストが汚れやニオイを落とし、濡れているのでそのままスタイリングもできます。
最近はヘアケア成分が含まれている品質の高いドライシャンプーもあるので利用してみてもいいでしょう。