災害救援ボランティアとは?取得までの流れなどもご紹介

災害救援ボランティアの資格を取ろう

災害救援ボランティアとは、災害のときに救助や救援活動を行うボランティアとして活動できるようになるための資格です。
災害のときなどにボランティアをしたい人はたくさんいますが、専門的な知識や技術を身につけていないと、支援活動を上手く行うことができません。
災害救援ボランティアはそのための知識やスキルを身につけるための資格として設けられており、災害時のボランティアに興味がある場合はおすすめです。

近年は大規模な災害がときどき起きており、いつまた大きな災害が起きるか分かりません。
災害救援ボランティアの資格を取得して、これからの生活に役立てるのはおすすめです。

災害救援ボランティアの資格を取得する流れ

災害救援ボランティアの資格を取得するには、指定の講座を受ける必要があります。
この講座を受けて必要な知識や技術を学ぶと、資格を取得することができます。

講座ではまず「基礎講座」として、3日間学ぶ必要があります。
災害時に救援ボランティアとして活動するための基本を学び、その次に災害や防災対策に関する基本的な項目を学びます。

そして次に、家やビルなどの建物で出火しないようにするための対策について、基本的なことを学びます。
さらにボランティアの安全衛生面についても学ぶ必要があり、基礎的な項目を習得します。

これらを学んだら、次に地域や大学などでの防災活動について学びます。
地域や大学など、場所によって防災活動の内容は異なるため、これらについて習得するのです。
また、こうした知識を身につけたら、次にこれまでに起きた大規模地震の事例を学びます。
これまでにも大規模な地震は何度か起きており、その事例から適切な救援活動を学ぶのです。

さらに応急手当の仕方についても学びます。
災害では怪我をする人が出ることがよくあります。
こうした人の適切な処置の仕方を学ぶことで、周りの人を助けることができるのです。
このときには災害の模擬体験をしたり、実技で応急処置の仕方を習得したりすることもあります。

また、救援活動でよく使うのがロープです。
ロープの使い方についてもしっかりと技術を学び、実践で活用できるように身につけます。

こうした流れで救援活動について学び、その習得を終えると災害救援ボランティアの資格を得ることができます。
まずは講座に参加すると良いでしょう。

災害救援ボランティアの資格を取得しよう

このように災害救援ボランティアはとてもやりがいのある仕事であり、これから資格を取得するのもおすすめです。
災害救援ボランティアとして災害のときに活動すると、「人の役に立っている」という大きな実感を得ることができます。
興味が湧いたら、まずは情報をチェックするところからスタートしてみましょう。