防災士とは?取得までの流れなどもご紹介

防災士という資格

防災士の資格は、「防災活動をするための知識や技術を備えていることを、証明する資格」です。
災害にはさまざまな種類があり、地震や雷、火事などがあります。
こうした災害のときには警察官や消防員などが出動して防災活動をするものの、これらの人だけでは人数が足りません。
そのため防災士の資格を持つ人が活動することで、より災害による被害を小さく抑えることができるのです。

防災士は日本防災士機構という団体が認定しており、「自分の命は自分で守る」「地域や職場で助け合う」「さまざまな人たちで協力して、防災活動を行う」という理念を掲げています。
防災士の資格を持っていることで、あなたは災害時にリーダー的な役割を果たすことができます。

最近も災害により、大きな被害を受ける地域がときどきあります。
そして被災者の中には、とても大きな被害を受けた方もいます。
こうした被害をできるだけ食い止めるために、防災士は活躍するのです。

防災士という資格の魅力

防災士の資格を持っていると、「世の中や人のために役立つことができる」というメリットがあります。
災害はいつ起きるか分からず、油断していると大きな被害にあうことがあります。
防災士はこうしたときに活躍することができ、周りの人から必要とされる存在になることができます。
また、「自分が世の中の役に立っている」という実感を得ることができます。

さらに防災士の資格を取得するためには勉強が必要ですが、この過程で「自分の身を守るための知識」もつけることができます。
災害による損害を避けるためには、防災に関する知識を身につけておくことが大切です。
防災士は防災に関するさまざまな専門知識を学ぶことができるため、「防災の勉強をするついでに、防災士の資格を取得する」という流れで勉強するのもおすすめです。

防災士の資格は比較的誰でも取得しやすいため、「何か資格を取りたい」という場合にも適しています。
ぜひ検討してみてください。

防災士の資格を取得する流れ

防災士の資格を取得するには、まずはインターネットで情報をチェックする必要があります。
インターネットにアクセスするためにはPCやスマートフォンが必要なため、準備しましょう。
そして防災士に関する情報を確認して、試験の内容を確認します。

日本防災士機構のホームページには防災士に関する情報が掲載されているため、チェックすると良いです。
しっかりと詳細まで確認して、防災士の勉強を始めましょう。
そして防災士の試験に合格すれば、晴れて資格を取得することができます。

このように防災士にはさまざまな魅力があり、大きな災害に備えるためには最適な資格です。
ぜひ取得して、今後の生活に役立ててください。