伊豆大島土砂災害について

伊豆大島土砂災害の犠牲は大きい

平成25年に発生した伊豆大島土砂災害は台風26号の影響による豪雨が引き金となりました。
東京都大島町で発生した伊豆大島土砂災害は、死者や行方不明者の数が40人以上となりましたが、その後のメディアの調査などから色々な問題も見ることができます。

まず伊豆大島土砂災害で犠牲となった方をみていくと、全て土砂災害での犠牲者ということがわかりました。
過去数年の豪雨による犠牲者の中でも土砂災害が大きな要因となっていますが、伊豆大島土砂災害も同様といえるでしょう。

さらに遭難場所をみていくと、犠牲者全員が屋内での被害を受けています。
自宅や勤務先の近くで遭難をしており、土砂災害での対策を考えなければならないポイントと言えるでしょう。

また伊豆大島土砂災害は豪雨が発生した時に、避難警報が遅れてしまったという事実もわかってきました。
避難警報によって避難行動を取るのが遅くなり、被害が大きくなったのではないかと考えられています。
犠牲者は避難警報によって避難した形跡が一人も確認できませんでした。

伊豆大島土砂災害によって、現在も様々なところで被害を確認することができます。
爪あとは住居にも影響しており、家屋が倒壊していたり建築物が流されてしまったところもあります。

住んでいる場所が土砂災害の可能性が高いか見極める

豪雨によって被害の拡大が予想されるケースもあります。
伊豆大島土砂災害のような被害を受けないように、事前に対策を講じる必要があります。
色々な情報が各都道府県の役所などで情報が提供されていますのでチェックしておきましょう。

まず自分の家が土砂災害危険箇所となっているかを確認しておきましょう。
伊豆大島土砂災害でも土砂災害が発生してしまう場所が、土砂災害危険箇所となっていました。

そのためチェックを事前に行っていれば、ある程度被害の大きさを理解できていたかもしれません。
普段より自分の住んでいる家が土砂災害危険箇所となっているかどうか、情報を国土交通省の砂防部によって提供しているホームページなどでチェックしておきましょう。

そして雨が降り出してきた時は、土砂災害警戒情報に耳を傾けておくようにしましょう。
雨が降り出してきた時、豪雨となると土砂災害警戒情報が発令される可能性もあります。

土砂災害警戒情報というのは、大雨で土砂災害が発生する危険度が高まっていった時に発令されます。
市町村長によって避難勧告などが出されていきますが、住民が自主避難できる参考材料となります。
都道府県と気象庁によって発表されている防災情報となりますので、伊豆大島土砂災害のような被害をうまないためにも土砂災害警戒情報には耳を傾けていくようにしましょう。

Categories: 土砂による被害