災害用伝言板の活用

災害用伝言板サービスとは

大きな災害が起きたとき、身内や知人が無事かどうか携帯電話をとる人が多くなります。
このため、携帯電話がつながりにくい状況になって、安否確認したくてもできない状況が続きます。

このような状況でもすぐに安否確認できるように、各携帯電話キャリアでは災害用伝言板サービスを提供しています。
災害用伝言板サービスは震度6弱以上の地震をはじめとする大きな災害の発生した時に、携帯電話を使って安否確認できる掲示板サービスのことです。

災害用伝言板サービスに登録をしておくと、いざというときに安否確認がしやすくなります。
携帯電話に関してはどのキャリアでも利用できるサービスになっているはずです。

ただしスマートフォンに関しては、できる機種とできない機種があるようで、また一部機種は閲覧しかできないケースもあるようです。
スマホユーザーの方は、利用可能なのかどうか事前に確認しておくべきです。

災害用伝言板サービスの使い方

もし大きな災害が起きたのであれば、災害用伝言板サービスにアクセスします。
するといろいろな文章の選択肢があります。

キャリアによって若干の違いがありますが、「無事です」「被害に遭いました」「自宅にいます」「避難所にいます」といった選択肢があるので、自分の状況に合ったコメントを選んでください。
また100文字程度の短いメッセージを自由に打ち込めるようになっています。

あらかじめ災害用伝言板サービスに登録しておくと、ほかのユーザーのメールアドレスを設定しておけばそのアドレスにメールが送信できます。
また皆さんもほかのユーザーからメッセージを受け取れます。
内容やコメントは最新の10件分が表示されます。

災害用伝言板サービスではこのほかにも安否情報を登録した時に、登録している人の携帯電話の番号や安否情報、伝言板にアクセスするためにURLが記載されているメールを送信してくれます。
このように最低限知っておきたい情報をすぐにチェックできるので安心です。

ちなみに災害用伝言板サービスはパソコンから登録手続きはできないはずです。
しかしパソコンを使って各携帯電話のキャリアのホームページにアクセスします。
そうすれば、メッセージの検索や確認はできるので、自宅内で被害に巻き込まれた場合にはパソコンを利用してみるのもいいでしょう。

体験サービスを使ってみる

いざというときのために災害用伝言板サービスに登録しておくことはいいことです。
しかし一方でいざ利用するときに使い方がわからなければ意味がありません。

そこで事業者によっては、災害用伝言板サービスの体験サービスを通常時に行っている所もあります。
体験サービスを活用して、機能の把握をしておくことは大事です。
いざというときに安否を尋ねたい人と一緒に体験サービスを利用すれば、お互い使い方がわかって、スムーズに連絡が取れます。