薬剤師の仕事内容や魅力についてご紹介

薬剤師の仕事内容

薬剤師は薬に関する専門知識をもち、医薬品の調剤を行う人を指します。
薬剤師は調剤薬局やドラッグストアで働くのが一般的で、調剤薬局では訪れる人に薬を提供したり、ドラッグストアでは薬の販売や、薬に関するアドバイスをしたりします。
調剤薬局でもドラッグストアでも人と関わるため、薬剤師には薬に関する知識だけでなく、コミュニケーション能力も必要です。

現代の日本は少子高齢化が進んでおり、高齢者は病気を患ってしまうことがよくあります。
このときに薬が必要なことはよくあり、薬剤師はこれからも活躍が期待されています。

また、新薬は常に開発されるため、薬剤師は一度薬に関する知識を学んだらそれで終わりではなく、常に薬に関する知識を学び続ける必要があります。
これは大変に感じる人もいるかもしれませんが、「常に新しい刺激・発見がある」ということでもあります。
薬に関して興味があるなら、薬剤師を目指してみるのはおすすめです。

薬剤師の魅力とは

薬剤師の魅力は、「薬に関する専門的な知識を身につけることができる」という点です。
薬はさまざまな分野の知識が複合して成り立っており、化学や生物、数学の知識が必要です。
こうした学問は追求すると興味深く、人によっては夢中になることがあります。
新薬は最先端の研究が活かされて作られているため、薬剤師の仕事を通してさらにこうした知識を深めることができるのです。

また、薬剤師は国家資格であり、「高めの水準で、安定した収入を得やすい」というメリットもあります。
薬剤師は調剤薬局で働くことが多いです。
調剤薬局の仕事は患者さんに薬を調剤して提供する業務であり、薬剤師の中心的な仕事です。
これは職場によって大きく変わるものではないため、スキルとして身につければ安定して働くことが可能です。

ドラッグストアも薬剤師が働く職場として一般的ですが、こちらは調剤薬局よりも幅広い仕事をすることになります。
薬を購入しに来た人へアドバイスを行ったり、一般的な商品の案内をすることもあります。
また、薬の在庫管理をするのも、ドラッグストアで働く薬剤師の仕事です。

薬剤師になるためには

薬剤師になるためには、薬学系の大学へ通い、薬剤師の国家試験に合格する必要があります。
薬学系の大学は6年間通うのが一般的で、その間に薬に関するさまざまなことを学びます。
そして最後に国家試験を受けて合格すると、晴れて薬剤師の資格を取得することができ、調剤薬局などで働くことができます。

薬剤師になるためにはたくさん勉強する必要があり少し大変ですが、その分だけ将来的に得ることができるものは大きいです。
あなたも興味が湧いたら、薬剤師を目指してみましょう。