消防士の仕事内容や魅力についてご紹介

消防士の仕事内容について

消防士は、災害のときに活躍する人です。
人が日々生活をしていると、ときには火事を起こしてしまうことがあります。
また、自然災害で大きな台風が来たり、地震が起きたりすることもあります。
こうしたときには建物が壊れてしまったり、水道管が破裂してしまったりするなど、さまざまな損害が起こります。

こうした場合に消防士は出動し、損害を食い止める活動を行います。
特に火災は日々の中で起こりやすく、消防士の中心的な仕事となっています。
また、消防士は火事や災害が起きていないときには、安全を守るための防災活動や消防訓練なども行っています。

消防士になるためには

消防士は公務員にあたり、各地方自治体ごとに試験が行われます。
試験の難易度は比較的高めで、地域によっては10倍ほどの倍率になることもあります。
消防士の試験はさまざまな内容となっており、災害だけでなく法律や電気などに関する知識も必要となります。

また、消防士は体力も必要な仕事です。
消防活動をするときには数時間で終わるような小規模のものだけでなく、場合によっては数日に渡るような大きな災害での活動を行うこともあります。
こうした場合、消防士はずっと活動を続けることになるため、体力を消耗するのです。
そのため消防士になるためには、日頃から体を鍛えておくと良いです。

このように消防士になるためには、しっかりとした対策が必要です。
消防士は誰でもなることができる仕事ではないものの、前もってきちんと対策をして取り組めば、合格できる可能性は高くなります。
消防士試験の対策問題集などが書店で販売されているため、購入して勉強すると良いでしょう。

消防士の仕事の魅力

消防士の仕事は、けして楽ではありません。
災害はどのような規模になるか予想がつかず、場合によっては大きな被害となることもあります。
こうしたときに消防士は、長時間の勤務を余儀なくされることがあるのです。

ただしその分、消防士はやりがいのある仕事でもあります。
直接的に世の中の役に立ったり、人を助けたりする仕事のため、周りの人から感謝されることが多いのです。
こうした感謝の声を励みにして、やりがいをもって仕事をしている消防士はたくさんいます。

また、消防士は大変な仕事である分収入は安定しており、高めの水準となっています。
そのため余裕をもった生活を送りやすく、安心して仕事に集中することができます。
最近は企業の給料が上がりにくくなっているため、消防士を検討するのはひとつの良い選択肢といえます。

このように消防士は、さまざまな特徴と魅力があります。
自分に向いているかを確認して、興味が湧いたらぜひ消防士になるための勉強を始めてみてください。
消防士になることができたら、世の中のためにぜひ頑張ってください。