ボディーガードの仕事内容や魅力についてご紹介

ボディーガードの仕事内容とは

ボディーガードとは、特定の人を守る役割をする人を指します。
大企業の役員や芸能人、政治家など、社会的地位の高い人や芸能人などは、誰かに狙われて危険な目に遭うことがあります。
そのためボディガードがつくことで、その人の安全が守られるのです。

つまりボディーガードの仕事は「警備業務」といえます。
国の法律には警備業法という法律があり、ボディガードもこの法律を守って仕事を行います。

ボディーガードになるために資格は必要なく、誰でもなることができます。
ボディーガードはときに危険な状況に対応したり、自分の体を張って守るべき人を助ける必要がある場合もあります。
そのため体力や体格に自信がある人に向いているといえます。

また、ボディーガードとして経験や高い実力をつけると、より重要な人物の警備を任されることもあります。
重要人物の警備をする「SP」もボディーガードの一種であり、こうした仕事に就くことができる可能性もあります。

ボディーガードの仕事の魅力

ボディーガードの魅力は「人を守ることができる」ということです。
ボディーガードは常に危険に備えて行動する必要があり、大きな緊張感の中で仕事をすることになります。
そのため大変な仕事ですが、社会的地位の高い人を守るということは、非常にやりがいの大きなものです。
また、要人の行動を近くで見ることができるため、その人が普段どのような生活を送っているのかということも、分かるようになります。
当然プライバシーは厳守する必要があるものの、このような状況で仕事ができる機会は、一般の人にはありません。

また、ボディーガードはさまざまな場所で仕事をすることになります。
特定の場所で警備業務をしたり、オフィスでずっと働いたりすることは少ないです。
そのため移動したり、活発に動いたりすることが好きな人には向きやすい仕事といえます。

さらにボディーガードは、守る人によっては収入が高くなることもあります。
社会的地位が非常に高い人を守る場合、ボディーガードにも高い能力が求められます。
そのため収入もそれに応じて高くなりやすく、場合によっては年収1,000万円を狙えることもあります。

ボディーガードになるためには

ボディーガードになるために大切なことは、「しっかりとした警備ができる能力」です。
この能力には的確で素早い判断力や集中力、行動力などが関係しています。

ボディーガードは警察官になってから働くこともありますが、警備会社に入社して働く方法もあります。
公務員としてボディーガードになる場合、研修体制が整っています。
そのためボディーガードとしてのキャリアを積みやすく、安定して働きやすいです。
民間企業に入社してボディーガードになる場合、実際の仕事で経験を積む必要があるものの、収入は高くなることもあります。
あなたに合った方法で、ボディーガードを目指しましょう。