絶対必要な【懐中電灯】

災害時に便利な懐中電灯は一つ持っているととても安心できる物だと思います。

今、私が持っている懐中電灯はパワーが弱く、暗い所で照らしても
そんなに明るくありません。なので、もっとハイパワーで
遠くまで見渡せるぐらい光る懐中電灯が便利でとても良いと思います。

昔の懐中電灯というのは大きな乾電池をいくつか使って、
短時間豆電球みたいなのを照らすだけでした。

ですが今の懐中電灯と違うところというのが、コンパクトで長持ちという所。
そして昔のものと比較にならない程の明るさがあるので、
停電になって周りが見えなくなってしまった時にはとても良いものだと思いますね。

高性能のLED

他にもLEDライトの懐中電灯もあり、これもとっても良い商品であります。
というのもLEDライトでしたらかなり明るいと思いますし、
電池も単三電池で十分良いと思います。
そしてこの電気の一番の特徴というのが、長期寿命であるという事だと思います。

電池というのはそもそも電力を使っていなくても消耗してしまう物なのですが、
LEDでしたらその心配もなくなります。普段は使わないで、
災害が起きた時用に保管しておくなら尚、こちらの方がとても良いかと思います。

大地震が起きた時には、電力が通じていると考える事はとても難しく、
東北大震災を見ても分かるように、災害で電力が切断される可能性が高いです。
ですからそうなると自分で灯りをともすしか方法がなくなってしまいますので、
懐中電灯がとても頼りになると思います。

お昼の間でしたらあまり関係はないでしょうが、
それこそ夜になると月明かりだけになってしまいますからね。

停電になった街って言うのは思っている以上に真っ暗いもので、
暗い中では動くのもままなりません。安心という事だけでなく
安全性という意味でも必須アイテムになるのではないかなと思います。

他にも崩れた建物の中に埋もれてしまうという最悪の事が起きてしまった場合、
そうなると救出されるまでその場で耐えるよりほか無状況になると思います。
そんな時にも灯りがあるのと無いのとでは大きく違うと思います。

手回しの懐中電灯も便利

単三の電池で動くLEDライトが一番効率が良いと思っているのですが、
手回しで発電する事が出来る懐中電灯もあった方が良いと思います。
電池が無くてもハンドルをぐるぐる回すことで灯りを作り出す事が出来ます。

この方法でしたら、半永久に電気を作りだす事が出来ますので、
懐中電灯の電池が無くなる心配もなくなります。
予備の懐中電灯として、こういった手回しで発電出来る懐中電灯を
持っておくと二重で安心できると思います。

今は通販サイトで、今紹介しました防災グッズなどが多数揃えられていますので、
ネット通販で自分に合った懐中電灯を購入する事をおススメします。
ネット通販でしたら家に居ながらにして購入する事が出来ますから、
懐中電灯以外にもいろんな防災グッズを見ることができます。

なのでこの機会にいろいろと防災グッズを見て購入してみてはいかがでしょうか。
災害はいつやってくるか分かりませんので特に大地震は
日本はいつ起きても不思議では無いような状態にあります。
この大地震の時に備えて、出来るだけの準備はしておいても良いと思います。